« ちはやふるスタンプラリー | トップページ | 迎光ライナー »

小寒の部分日食

部分日食

1月6日(日)は二十四節気の小寒 (太陽黄経285°) で、午前中に部分日食がありました。今回の部分日食は日食Saros 122(正暦2年4月1日・JC991年4月17日~2235年5月18日)に属していて、同系列で全70回中58番目のものでした。

Solar Saros 122
期間 回数 種類
991.04.17~1117.07.01 8 部分
1135.07.13~1171.08.03 3 皆既
1189.08.14~1207.08.25 2 金環皆既
1225.09.04~1874.10.10 37 金環
1892.10.21~2235.05.18 20 部分
Planet Mate

国立天文台によりますと、東京における食の推移は下表の通りで、食甚時の食分は0.421でした。

2019年1月6日の部分日食(Saros 122)
時刻 状況
00:38:57 小寒
08:43:49 部分食開始 (第1接触・初虧)
10:06:01 食の最大 (食甚)
10:28:19
11:36:32 部分食終了 (第4接触・復円)

食甚時の食分は、那覇では0.143 (09:39:14)、札幌では0.539 (10:13:26) と、北に行くほど欠ける割合が大きくなります。

Planet Mate

今年は7月3日に皆既日食 (Saros 127)、12月26日に金環日食 (Saros 132) と、今回を含め3回の日食があります。7月3日の日食は皆既食帯が南太平洋東部~南米を通りますので、日本では観測することができません。12月26日の日食は、金環食帯がサウジアラビア~インドネシア~北マリアナ諸島を通りますので、日本国内では15時30分前後に食甚を迎える部分日食として観測することができます。

【参考】日食のサロス一覧(日付はJST)
No. 初回 最終 寿命(年) 回数 部分 金環 皆既 複合
122 991.04.17 2235.05.18 1244.08 70 28 37 3 2
127 991.10.10 2452.03.22 1460.44 82 40 0 42 0
132 1208.08.13 2470.09.25 1262.11 71 29 33 7 2
【関連記事】
21世紀最長の皆既月食 (2018.07.28)
寒空の皆既月食 (2018.01.31)
今世紀最短の皆既月食 (2015.04.04)
皆既月食と天王星 (2014.10.08)
半影月食と日食・月食の発生条件 (2012.11.29)
曇天の部分月食 (2012.06.04)
932年ぶりの金環日食 (2012.05.21)
11年ぶりの皆既月食 (2011.12.11)
日本史上初の部分月食 (2010.01.01)

|

« ちはやふるスタンプラリー | トップページ | 迎光ライナー »

天体・暦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64930/67561979

この記事へのトラックバック一覧です: 小寒の部分日食:

« ちはやふるスタンプラリー | トップページ | 迎光ライナー »