« 銀座の大八車 | トップページ | 都営新宿線開業40周年【1】 »

新旧の一時停止

若葉町2丁目4

調布市若葉町2丁目の調布市道東118号線が松原通り (東京都道114号武蔵野狛江線・調布都市計画道路3・4・17狛江仙川線) と交差する箇所に新旧の一時停止標識が立っています。

一時停止標識の下には、それぞれが互いに鏡像となっている横断歩道 (407-B) の標識が併設されています。

一時停止 一時停止

市道の左側の標識は、2017年3月7日に設置された旧形式の一時停止 (330-B) と横断歩道です。その後、2018年10月11日に新形式の一時停止 (330-A) と鏡像の横断歩道の標識が市道の右側に追加設置されました。

2017年4月21日に英字併記の一時停止徐行標識を追加した「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令 (平成29年内閣府・国土交通省令第3号)」が公布され、7月1日から施行されました。このため、標識が設置された時期の関係で新旧2形式の標識が並立する形になりました。

松原通りは2002年に滝坂道 (東京都道118号調布経堂停車場線) からここまでの約325mの区間が開通しました。

若葉町2丁目9 通行帯

その後15年間ほど、この地点が都道114号の終端でしたが、2017年5月21日14時に調布市道東122号線 (調布都市計画道路3・4・10号東京競馬場線) までの約320mの区間が開通しました。この区間には自転車専用の通行帯が設置されました。

なお、滝坂道以北の甲州街道 (国道20号) までの530mの区間は2001年から2006年8月にかけて順次開通しました。京王線の跨線橋である "おらほ橋" から調布市道東114号線までは安藤忠雄氏設計の建築物が両側に並んでいて、"安藤ストリート" と呼ばれています。

【参考文献】
東京都建設局道路建設部街路課 『調布3・4・17号線(若葉町)開通』 平成29年4月18日
調布市都市整備部道路管理課財産管理係 『調布市道路線認定図』 平成30年3月31日
調布市都市整備部道路管理課財産管理係 『調布市道路線認定調書』 平成30年4月
【関連記事】
銀座の大八車 (2019.01.10)
英字併記の一時停止標識 (2018.09.26)
徐行標識と蟹沢支流 (2018.09.21)
滝坂道にある新栄会の旗竿ボックス (2014.03.27)
滝坂道の渋谷町水道弁蓋 (2014.03.24)
滝坂付近の京王線旧線跡 (2011.08.28)

|

« 銀座の大八車 | トップページ | 都営新宿線開業40周年【1】 »

標識・道標」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新旧の一時停止:

« 銀座の大八車 | トップページ | 都営新宿線開業40周年【1】 »