« 三軒茶屋の銅板貼り看板建築 | トップページ | 三田用水 駒場橋の石橋供養塔 »

西郷さんと田中さん

境界石 交差点

淡島通り(東京都道423号渋谷経堂線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第52号線)と山手通り(東京都道317号環状六号線)が交わる松見坂交差点近くの裏路地に個人名の境界石が並んでいます。

境界石

左側の標石は地面に相当埋もれた状態ですが、「西郷」の文字が確認できます。その下に半分見え隠れしている文字は「家」と読めそうです。ここからそんなに離れていない目黒川左岸の台地上に西郷従道が住んでいましたが、この標石が彼に関係しているものかは不明です。

境界石

右側の背の高い標石の右側の側面に「田中」と刻まれているのが確認できます。他の面には何も刻まれていません。

こちらのサイトには、昭和10年 (1935年) 頃に田中大太郎さんがこの地に住んでいたとの調査結果がありました。

風景 境界石

ここの近所の上目黒氷川神社にある「八木」境界石も八木さん個人所有の土地境界を示すものだったかもしれません。

【関連記事】
輜重兵第一連隊裏門の「一中」標石 (2015.10.30)
上目黒氷川神社の陸軍境界標 (2012.07.22)
西郷山と東京府のマンホール (2012.02.12)

|

« 三軒茶屋の銅板貼り看板建築 | トップページ | 三田用水 駒場橋の石橋供養塔 »

マンホール・標石」カテゴリの記事