« 日本橋野村ビルディングと野村證券のマンホール | トップページ | 銀座のタクシー標識 »

中秋の満月と木星

中秋の名月

9月10日(土)は旧暦8月15日の中秋で、18時58分に望(満月)になりました。このため、昨年に引き続き中秋の名月が満月になりました。特に今年は望の時刻が夕刻のため、輝面比がほぼ100%の名月を観測することができます。また、21時での視半径は16′10″で、昨年より大きく見えています。

スカイビュー

月の東方17°には、9月27日(火)に衝を迎える木星が明るく輝いていました。この中秋の名月と木星のコラボも見ものです。9月12日(月)の早朝03:30頃には、月が木星に1°54′40″まで接近します。

中秋の名月

来年の中秋は9月29日(金)で、18:57に望を迎えますので、中秋の名月が満月になります。望のときの視半径が16′32″ですので、今年よりも大きな中秋の名月になります。

【関連記事】
8年ぶりの中秋の名月 (2021.09.22)
スーパームーン2018 (2018.01.02)
最大の満月 (2017.12.04)
最小の満月 (2017.06.10)
68年ぶりのスーパームーン (2016.11.16)
満月のクリスマス (2015.12.25)
十三夜の月 (2015.10.25)
スーパームーン2015 (2015.09.30)
スーパー中秋の名月 (2015.09.27)
後の十三夜 (2014.11.06)
白露と中秋の名月、そしてスーパームーン (2014.09.10)
今宵は満月、中秋の名月 (2013.09.20)
スーパームーン (2012.05.08)
月と木星の接近 (2017.06.04)

|

« 日本橋野村ビルディングと野村證券のマンホール | トップページ | 銀座のタクシー標識 »

天体・暦」カテゴリの記事