« 都営バス渋谷営業所と渋谷町水道止水栓 | トップページ | 消滅!巣鴨町のマンホール »

東京都下水道局の新型マンホール

マンホール

2021年4月1日に「東京都下水道設計標準」が改定され、耐スリップ性を向上させた新型の鉄蓋に切り替えられました。デザインは従来の桜・イチョウ・ユリカモメを図案化したものがベースになっています。5枚の桜の花びらの中にそれぞれ1個ずつスリップサインの突起が含まれています。

風景

経過処置として、2021年9月30日までは新型、旧型両方の納入が可能となっていましたが、10月1日以降納入される鉄蓋はすべて新型のみになりました。このため、これから新規に設置されるものだけではなく、既存の鉄蓋も更新時に新型のものに順次置き換えられていく予定です。

風景 雨水枡

この蓋の近くに残っていた東京府の雨水枡は現存しています。しかし、澁谷町水道の水止栓は2017年10月の時点で撤去されているのを確認しています。

【参考文献】
東京都下水道局 『東京都下水道設計標準』 令和4年4月1日
【関連記事】
NTTのテーパーダイア型マンホール (2019.02.14)
失われた古蓋【渋谷区編】 (2016.11.25)
東京府の雨水枡 (2011.06.09)
都営バス渋谷営業所と渋谷町水道止水栓 (2022.09.12)
神泉町の渋谷町水道の弁蓋 (2022.08.15)
渋谷町水道の水止栓 (2014.12.27): 渋谷区東1丁目 [撤去済]
渋谷町水道の角蓋と広尾小学校 : 渋谷区東3丁目 (2014.10.29)
滝坂道の渋谷町水道弁蓋 : 渋谷区円山町 (2014.03.24)
桜丘町に残る渋谷町水道の弁蓋 : 渋谷区桜丘町 (2014.03.06)
推定・渋谷町水道の弁蓋 : 渋谷区神泉町 (2012.02.03) [撤去済]
渋谷町水道のマンホール : 世田谷区鎌田2丁目・砧下浄水所 (2011.06.24)

|

« 都営バス渋谷営業所と渋谷町水道止水栓 | トップページ | 消滅!巣鴨町のマンホール »

マンホール・標石」カテゴリの記事