« 白亜荘と田中吉左衛門商店 | トップページ | 東京府の境界標石と2つの地蔵尊 »

渋谷区元広尾町

町名表示板 看板建築

現在の広尾商店街一帯はかつての澁谷區元廣尾町でした。この広尾商店街にある戦前に建てられた十字型看板建築のみどりや美容室に元廣尾町の琺瑯製住所表示板が残っています。

戦前の町家 小型プレート

住所表示板の周りには東京市水道局や電力、「澁谷環境衛生協會々員」のプレートが貼られています。みどりや美容室の斜向いには出桁造のバラ専門店AFRIKA ROSEがあります。

終戦直後の民家

商店街外れの明治通り(東京都道416号古川橋二子玉川線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第8号線)沿いに、戦災廃材で終戦直後に建てられた元帽子屋がありました。2021年1月に居住していた方が彼岸に旅立たれたとのことで、解体されてしまいました。

【参考文献】
"孤独死とどう向き合うのか考えさせられる広尾の古民家解体の話", 恵比寿新聞 (2021.03.27)(2022年11月4日閲覧)
【関連記事】
三光豊沢商店街 (2022.10.22)
神田区須田町一丁目界隈 (2022.10.06)
円山町花柳街の面影 (2022.10.03)
渋谷町水道の角蓋と広尾小学校 (2014.10.29)

|

« 白亜荘と田中吉左衛門商店 | トップページ | 東京府の境界標石と2つの地蔵尊 »

近代建築」カテゴリの記事

旧町名」カテゴリの記事