« 最遠最小の朧満月 | トップページ | 平壌放送小史【1】 »

現行貨幣収集と500円硬貨

500円硬貨

前回の記事から6年経ったので、久しぶりにまとめてみました。この間、元号が平成から令和に変わり、3代目500円硬貨となる500円バイカラー・クラッド貨が発行されました。

種類 製造期間 未入手年号
1円アルミニウム貨 昭和30年~42年
昭和44年~64年
平成元年~22年
平成23年~25年
平成26年~27年
平成28年~31年
令和元年~5年
平成12年~14年
平成17年
平成22年
平成23年~25年
平成28年~31年
令和元年~5年
5円黄銅貨(無孔) 昭和23年~24年 昭和23年
5円黄銅貨(明朝体) 昭和24年~28年
昭和32年~33年
昭和26年
昭和32年~33年
5円黄銅貨(ゴシック体) 昭和34年~64年
平成元年~21年
平成22年~25年
平成26年~31年
令和元年~3年
令和4年~5年
平成12年
平成19年
平成22年~25年
平成29年
平成31年
令和3年
令和4年~5年
10円青銅貨(ギザ付) 昭和26年~30年
昭和32年~33年
(収集済)
10円青銅貨(ギザ無) 昭和34年~64年
平成元年~31年
令和元年~
令和4年
50円ニッケル貨(無孔) 昭和30年~33年 昭和30年
昭和32年~33年
50円ニッケル貨(有孔) 昭和34年~41年 昭和34年~39年
昭和41年
50円白銅貨 昭和42年~61年
昭和62年
昭和63年
平成元年~21年
平成22年~25年
平成26年~31年
令和元年~3年
令和4年~5年
昭和62年
平成15年
平成21年
平成22年~25年
平成26年
平成29年
平成31年
令和4年~5年
100円銀貨(鳳凰) 昭和32年~33年 昭和32年~33年
100円銀貨(稲穂) 昭和34年~36年
昭和38年~41年
昭和35年
昭和39年~41年
100円白銅貨 昭和42年~63年
平成元年~31年
令和元年~
(収集済)
500円白銅貨 昭和57年~64年
平成元年~11年
昭和62年
500円ニッケル黄銅貨 平成12年~31年
令和元年~3年
(収集済)
500円バイカラー・クラッド貨 令和3年~ (収集済)
500円硬貨 500円硬貨

500円バイカラー・クラッド貨は令和3年11月1日に登場しましたので、令和3年銘の500円硬貨はニッケル黄銅貨とバイカラー・クラッド貨の2種類が存在します。

3代目500円硬貨は、白銅で銅を挟んだ3層構造(クラッド構造)の円盤をニッケル黄銅(洋白、洋銀)製の外縁に嵌め込んだバイメタル貨幣となっているため、バイカラー・クラッド貨と呼ばれています。

歴代500円貨幣の諸元
名称 画像 品位(千分中) 量目 直径 側面
500円白銅貨 500円硬貨 Cu: 750
Ni: 250
7.2g 26.5mm レタリング
"NIPPON ◆ 500 ◆ "
500円ニッケル黄銅貨 500円硬貨 Cu: 720
Zn: 200
Ni: 80
7.0g 26.5mm 斜めギザ
500円バイカラー・クラッド貨 500円硬貨 Cu: 750
Zn: 125
Ni: 125
7.1g 26.5mm 異形斜めギザ
500円硬貨

500円バイカラー・クラッド貨の外縁部は500円ニッケル黄銅貨と同組成、中心円盤の表層部は500円白銅貨と同組成で、表面の縁の上下に "JAPAN"、左右に "500YEN" の微細文字が刻まれています。表面の桐、裏面の竹と橘の図柄は初代から踏襲されています。

500円硬貨・表面

初代の白銅貨では "NIPPON" の文字が側面に刻印されていましたが、2代目のニッケル黄銅貨と3代目のバイカラー・クラッド貨では "NIPPON" の文字が表面の桐の図柄内に0.18mmのマイクロ文字として刻印されています。また裏面にも刻印されているとのことです。

【関連記事】
現行貨幣収集【5】 (2018.09.04)
現行貨幣の諸元 (2018.09.02)
現行貨幣収集【4】 (2016.05.31)
現行貨幣収集【3】 (2014.07.25)
現行貨幣収集【2】 (2007.11.24)
現行貨幣収集 (2004.12.04)
平成から令和へ (2019.04.30)

|

« 最遠最小の朧満月 | トップページ | 平壌放送小史【1】 »

雑記」カテゴリの記事