津田山駅と日本ヒューム管

昭和15年(1940年)、南武鐵道の武藏溝ノ口駅-久地梅林停留場(昭和17年4月16日に駅に昇格)間の南側に日本ヒューム管株式會社(現:日本ヒューム株式会社)川崎工場が鶴見から移転してきました。

続きを読む "津田山駅と日本ヒューム管"

| | トラックバック (0)

萬代橋【3】

(承前) 現橋の架橋70周年を迎えた平成11年(1999年)から、市民の間で萬代橋が持つ魅力を見つめ直し、改めてその重要性を確認する動きが広がってきました。

続きを読む "萬代橋【3】"

| | トラックバック (0)

萬代橋【2】

(承前) 木橋の萬代橋は新潟市東西の交通の大動脈を担い、都市の成長・発展に欠かせない存在になってきました。

続きを読む "萬代橋【2】"

| | トラックバック (0)

萬代橋【1】

萬代橋は、信濃川(一級河川・信濃川水系本流)に架かる東大通/萬代橋通り(国道7号・新潟都市計画道路3·3·507号万代橋通線)の橋です。

続きを読む "萬代橋【1】"

| | トラックバック (0)

一ノ宮の渡しと神奈川県水量標識

京王線聖蹟桜ヶ丘駅から宮下通りを小野神社方面に向った多摩市一ノ宮2丁目に一ノ宮渡しの碑と神奈川縣水量標識があります。

続きを読む "一ノ宮の渡しと神奈川県水量標識"

| | トラックバック (0)

関戸橋

関戸橋は多摩川(一級河川・多摩川水系本流)に架かる鎌倉街道(東京都道18号府中町田線)の橋です。

続きを読む "関戸橋"

| | トラックバック (0)

二子橋の初代親柱

昭和51年(1976年)に二子橋が改築されるまで使われていた初代の御影石製親柱が世田谷側と川崎側に保存されています。

続きを読む "二子橋の初代親柱"

| | トラックバック (0)

二子橋と逓信省マンホール【2】

(承前) 大山街道は昭和31年(1956年)7月10日に国道246号東京沼津線に指定されました。高度経済成長に伴い交通量が増大したため、瀬田交差点付近から分かれる東京・横浜バイパス(国道246号・東京都市計画道路幹線街路放射第4号線支線3)の整備と鉄道専用橋の建設が行われました。

続きを読む "二子橋と逓信省マンホール【2】"

| | トラックバック (0)

二子橋と逓信省マンホール【1】

二子橋は、多摩川(一級河川・多摩川水系本流)および並行している野川(一級河川・多摩川水系多摩川支流)に架かる玉川通り(国道246号・東京都市計画道路幹線街路放射第4号線)の橋です。

続きを読む "二子橋と逓信省マンホール【1】"

| | トラックバック (0)

目黒新橋の排気弇

目黒新橋西詰 目黒新橋

目黒新橋は目黒川(二級河川・目黒川水系本流)に架かる目黒通り(東京都道312号白金台町等々力線・東京都市計画道路幹線街路放射第3号線)の橋で、昭和8年(1933年)に完成しました。

続きを読む "目黒新橋の排気弇"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧