滝坂道 大石橋の日本廻国供養之石塔

府道

東京府道43號世田谷代々幡線と滝坂道(東京府道23號調布澁谷線)が合流する地点は、昭和40年9月15日の住居表示実施で三宿2丁目に編入されるまでは旧代田村の飛地である下代田町字山下に属していました。このため、周辺には代田村の痕跡が幾つか残っています。

続きを読む "滝坂道 大石橋の日本廻国供養之石塔"

|

滝坂道と日本水道の水道章標

掲示板 風景

豪徳寺1丁目と宮坂2丁目の滝坂道は平成19年度に世田谷区の地域風景資産に認定されています。滝坂道を紹介する掲示板が豪徳寺1丁目の地蔵堂の近くに設置されています。

続きを読む "滝坂道と日本水道の水道章標"

|

三宿町の東京府道43号と萩原家住宅

旧町名 地図

東京府道43號世田谷代々幡線は現在の東京都道420号鮫洲大山線とほぼ同じ経路ですが、世田谷區三宿町内では東京府荏原郡第二荏原尋常小学校世田谷中学の間を通る経路でした。

続きを読む "三宿町の東京府道43号と萩原家住宅"

|

池ノ上の商店建築【北澤四丁目篇】

旧町名 辻

(承前) 四字辻 (仮称) の北側の大字下北澤字大下と字日影山は昭和7年10月1日の世田谷區成立時に北澤四丁目、昭和39年2月1日の住居表示実施時に北沢1丁目になりました。

続きを読む "池ノ上の商店建築【北澤四丁目篇】"

|

池ノ上の商店建築【北澤二丁目篇】

旧町名 駅

昭和8年 (1933年) 8月1日の帝都電鐵澁谷線の澁谷-井之頭公園間の開業時に、東京府道43号世田谷代々幡線と交差する世田谷町大字下北澤字池ノ上79番地に池ノ上駅が設けられました。

続きを読む "池ノ上の商店建築【北澤二丁目篇】"

|

玉電宮ノ坂駅

地図 駅跡

大正14年 (1925年) 5月1日の玉川電氣鐵道下高井戸線の世田谷-下高井戸間の開業時に、滝坂道(東京府道23号調布澁谷線)と東京府道69号代々幡溝口線が交差する箇所に宮ノ坂駅が設けられました。

続きを読む "玉電宮ノ坂駅"

|

東京府道22号芝溝線

地図

東京府道22號芝溝線は、大正9年 (1920年) 4月1日付の東京府告示第162號で認定された東京市芝區三田四丁目東京府道18號芝下大崎線から分岐し、神奈川縣高座郡溝村に至る府縣道でした。

続きを読む "東京府道22号芝溝線"

|

東京府の境界標石と2つの地蔵尊

境界標石

淡島通り(東京都道423号渋谷経堂線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第52号線)は、東京都市計画道路補助線道路第27号線として昭和15年 (1940年) 頃に東京府の手で拡幅・整備されました。この時に設置された東京府の府章入りの境界標石が世田谷区代沢1丁目の元精肉店の脇に残っています。

続きを読む "東京府の境界標石と2つの地蔵尊"

|

令和元年の二本榎の街並み

薬医門

二本榎の町々は、味の素高輪研修センター付近から天神坂までの二本榎通り(港区特別区道第1024号線・東京都市計画道路幹線街路補助線街路第14号線)沿いに存立し、かつては芝區に属していました。研修センターは味の素創業者である鈴木三郎助氏の私邸跡で、昭和7年 (1932年) 築の薬医門が残っています。

続きを読む "令和元年の二本榎の街並み"

|

環状6.5号線供用開始

都道420号 開通

東京都道420号鮫洲大山線(東京都市計画道路幹線街路補助線街路第26号線)の池尻4丁目33番地先~三宿2丁目3番地先の440mの区間が10月27日11時4分に開通しました。

続きを読む "環状6.5号線供用開始"

|